医療機関とエステで行う脱毛の違い

脱毛を行える機関は美容整形クリニックや皮膚科のような医療機関とエステサロンのような非医療機関があります。
この2つの機関で行える脱毛の違いと種類について説明します。

 

まず、医療機関で行う脱毛は医療電気や医療レーザーを使用した脱毛方法です。
レーザーは黒いメラニン色素だけに光のエネルギーをあてて、毛根ごと破壊させる原理です。
これは、エステサロン等で行う脱毛マシンより強力であるとされています。

 

そのため、回数を減らし肌トラブルが起こる確率を下げるという利点があります。
万が一、トラブルがあったとしても、医療機関として治療を行うことも可能です。

 

一方、エステサロンで行うことができる脱毛は非医療機器のフラッシュライトや電気を使用した脱毛方法です。
非医療機関でも使用できるよう、機器の出力が抑えられてあったり、溶解剤の濃度が薄く設定されています。

 

そのため、肌へのダメージは少ないとされています。しかし、その分効果も弱く、何度も通わなくてはなりません。
また、医療機関ではないため、万が一肌にトラブルがあっても対応することができません。

 

エステサロンで行う脱毛の最大のメリットは、医療機関に比べ圧倒的に安価で脱毛を行うことが出来るということと
アフターフォローがしっかりしているという点です。

 

医療機関で行える脱毛と非医療機関で行える脱毛は混同されがちですが、
それぞれのメリット・デメリットを把握した上で自分にあった脱毛方法を選択しましょう。