永久脱毛の定義

脱毛エステサロンに行けば永久脱毛できる!そう思っている人も多いのではないでしょうか。
しかし、脱毛=永久脱毛ではありませんし、永久脱毛=一生毛が生えてこないということでもありません。
ここでは、誤解されやすい永久脱毛の定義について説明します。

 

まず、「永久脱毛」という言葉は医療機関のみが使用しても良い言葉であることを理解しておきましょう。
エステサロンで行われる施術は、最先端技術のものが多く歴史が浅いため、永久に生えてこないという確証がまだありません。

 

そのため、エステサロンで「永久脱毛」という言葉を耳にすることはできないのです。

 

次に、「永久脱毛」という言葉の定義について説明します。
米国電気脱毛協会では「脱毛が終了して一ヶ月後の時点で、毛の再生率が20%以下である場合」を永久脱毛として定義しています。

 

脱毛の結果には個人差もあり、二度と生えてこないということは想定していません。

 

この話を聞くと多くの方ががっかりされるかもしれません。

 

しかし、特殊な光で毛根を刺激し、毛乳頭を破壊することによって次第に毛は生えてこなくなります。
そのうちに毛穴が閉じていくため、半年程の期間毛が生えてこなければ、
毛周期から考えてもほぼ永久に生えてこない可能性は高いとみなされます。

 

これは「永久脱毛」という言葉を使用できないエステサロンでも同様で、
施術することによってほぼ「永久脱毛」と同じ効果を得たという人の多くいます。

 

エステサロンのなかにも、脱毛完了後もアフターフォローがしっかりしているお店がありますので、そういった条件をうまく活用するのが良いでしょう。