妊娠中の脱毛について

脱毛エステに通う場合は妊娠のことも考えて通いましょう。
妊娠中は脱毛を控える必要があるからです。

 

妊娠中はホルモンバランスが崩れるため、肌は傷つきやすく敏感になっています。
また、脱毛は少なからず痛みを感じる施術です。
その痛みが原因で気分が悪くなってしまった場合、赤ちゃんに影響を及ぼす可能性も考えられます。

 

このような理由により、妊娠中の脱毛を断るエステサロンがほとんどです。

 

仮に、脱毛サロンに通えたとしても、ホルモンバランスの崩れのため、効果が半減され、脱毛回数が増える場合もあります。
デメリットを考えると、やはり妊娠中の脱毛は避けるべきでしょう。

 

妊娠中や産後1~2年は、体毛が濃くなる場合があります。

 

特に乳首やお腹まわりの産毛が気になるという方が多いようです。これも女性ホルモンの影響です。
どうしても気になる場合は、カミソリで処理をした後にアフターケアをしっかりと行うか、電気シャーバー等で軽く処理することをお勧めします。

 

脱毛クリームを使用する場合は、種類によって妊娠中は使用しないようにと注意書きがある場合があるので、気をつけましょう。

 

まだ妊娠はしてないが、これから予定があるという人は、休止措置もしくは期間無制限という内容が組み込まれてる脱毛コースにすると良いでしょう。

 

妊娠中は制限されることが多いですが、元気な赤ちゃんを産むことを優先にし、産後、授乳が落ち着いてからお手入れを頑張るように心掛けましょう。